ノンブルは必ず入れてください。
無線綴じの場合のみ、ノンブルを見せたくない場合は、ノドの内側3mm以内にノンブルを入れることで、仕上がった時、ノンブルが見えなくなります。

 

0